漫画(マンガ)について

  • 2016.03.07 Monday
  • 06:20
漫画(マンガ)を読んでいると、
「マンガばかり読んでいないで勉強しなさい!」
と、叱られた経験のある中学生もいると思います。

ところで、漫画(マンガ)を読むことはダメなのでしょうか?

実は、ダメとばかりは言い切れないというのが私の意見です。
逆に国語の勉強になることもあると思います。

4コマ漫画やギャグ漫画は、勉強に役立たないと思いますが、
長いストーリーのある漫画は読解力が身につくと思います。

ストーリーがあっても「クレヨンしんちゃん」程度の短編では、
あまり意味がありませんが、少年漫画で言えば、
「ONEPIECE(ワンピース)」「NARUTO(ナルト)」などは、
読むことで国語の成績アップに貢献してくれるでしょう。

何故なら、長いストーリーがある漫画を楽しもうと思ったら、
ある程度の読解力がなければ無理だからです。

ですから、長編(コミックで言えば何巻かでストーリーが完結)の
漫画ならば、読めば国語だけでなく中学生の勉強すべてに、
良い影響を与えることは確かだと思います。

しかし、だからといって、
漫画を読むことをお奨めするわけでもありません。

ふつうの小説を読んでいるなら、小説のほうが効果があります。
漫画は小説に比べると効率が悪いのです。

従って、本を読まない人は、何も読まないくらいならば、
漫画だけでも読んだほうが成績アップに貢献するというだけで、
本を読む人なら、勉強のためには本を読んだほうが良いでしょう。

もちろん、漫画でも効率が悪いだけで、
勉強の成績アップの妨げになることはないと思います。

まあ、程度の問題もありますが・・・

いくら勉強になると言っても、
漫画を読むだけでまったく勉強をしないとしたら、
それはそれで成績アップの妨げになることは間違いありません。

その点は間違いのないようにして下さい。
 
コメント
コメントする